30当たりほどの散策を楽しめます。

Standard

この前の週末、おウエザーもかわいらしく程よい温かさだったので一家4方揃って出掛けました。
出掛けた先は化石が貰えるのでいなかでは有名な海岸。
そこは心からちっちゃな、全長200メートルもないような海辺なのですが
あっという間に脇にいらっしゃる崖の中には古代のサメの歯が埋まっているのです。
そして降雨などによって浸食された崖の邪魔が崩れ落ちて海辺に流れ出て生じるのを
ただ常に探すというひとときが罹り、スタミナも要し、でも興味深い進め方なのです。
予めその海岸へ起きるにはパーキングから3、5キロの山道を駆けます。
森のセンターをあるくのでルートは塗装されておらず、立ち下りは多少ありますが周りの植物や鳥の鳴き声、
そして小川を眺めながらあるくので30当たりほどの散策を楽しめます。
3年代くらいの子には難しいかもしれません。
後日常にザルで波打ち際の砂や貝をすくい上げ、サメの歯を探し出すわけですが
こういう歯、大きなものは実に幅広いのですが中心探せるのは小指の爪の寸法。
何度もすくい上げ、生み出すのは大変ですが見つけたときの安堵は著しいのです。
今回は4ひとときほどで5つの歯、そしてかにのハサミの面が2つ見つかりました。
何も見つからなかった人のために、帰りの幹線路地ぞいではオジンが
サメの歯の化石を販売していました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *